日常生活であったことを気分のままに書き綴っていくつもりです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日で終わり
2010年04月30日 (金) | 編集 |
今日で4月も終わり、明日からは5月。
春だというのに暖かくなったり寒くなったり、お天気も凸凹で
体調崩しがちですが、皆さんも気をつけてくださいね。

GW突入と言っても、暦通りで仕事なので
5月2~5日が休みです。
昨日も休みだったのですが、風邪気味だったので1日家で読書にふけりました。
読んだ本は『猫タクシー』。
上下巻なのですが、映画やドラマにもなってるみたいです。
映画やドラマは知らなかったんですけどね。
三毛猫の御子神さんと出会ったことで、うだつがあがらないタクシードラーバーの
主人公が成長していく過程を書いてるって感じのストーリーです。
私の感想は・・・・

やっぱり猫はいい!

これに尽きますね。
私自身猫の小太郎と一緒に暮らし始めて
大変なこともあるけれど、いっぱい愛情や癒しをもらってますから。
もっともっと沢山の人に猫と暮らす楽しさをわかってもらえたらなぁって思います。

bhui

皆様楽しいGWをお過ごしくださいね。

huihaoisj





ポチっとお願いします!

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
スポンサーサイト
小梅さん!
2009年11月16日 (月) | 編集 |
昨日は暖かかったですね~
午前中、掃除等々全部済ませて
午後はのんびり電車で2駅の大型書店に行き
本を物色後、カフェでのんびり買った本を読むという感じですごしました。
小太郎君はお留守番。
マンガ、小説を問わず、本を読むのが好きな私ですが
昨日は久々に可愛いマンガに出会ってしまいました!

koumesann

少年画報社発行のほしのなつさん著『キジトラ猫の小梅さん』。
とにかく可愛いんです~
最初は小太郎くんと同じキジ白ちゃんだからって感じで手に取ったんですよ。
そして珈琲片手に読み始めたら、可愛くて、可愛くて!
そして小太郎に早く会いたくなって、早々にカフェを後にしました(笑)
ほしのなつみさんの猫ちゃんがモデルになっているんですが
実際猫を飼っている方が描いているお話なので
読んでて「うんうん!」って感じることも多いし
何より絵が綺麗なのです。
小太郎を飼うようになってから、結構猫マンガを見るようになったのですが
ここ一番のお薦めです~


ついついホカペの上で寝てしまった私。
ふと横を見ると小太郎も寝てるんです。
寝る前はこんな感じでした。

kota1

そして目が覚めて見た姿がこれです。
私にぴったりくっついて寝てるんですよ~
かわいい!と萌えつつ、撮影しました!

kota2

なんだか丘に打ち上げられたあざらしみたいです(爆)

kota3

毎晩一緒に寝るし(春、秋、冬限定です)、愛されてるかしら・・私(爆)
小太郎にとって安心できる場所になったんだなぁって思うと
すごく感慨深いです。

ポチッとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

さまよえる刃
2009年07月06日 (月) | 編集 |
もともと本が好きで、まめに読む方な私。
読むのは断然文庫派。
好きな作家さん読みをするんだけれど、
出版社によってキャンペーンをしていたりすると
その機会を利用して、新たな作家さんの開拓が始まるのだ。
今回はまっているキャンペーンはこれ。
発見 角川文庫 夏の100冊
2冊買うと、もれなくブックカバーがもらえるの。
去年スヌーピーのカバーをもらって、結構使い勝手も○だし
可愛かったので、今年も応募してみたよ~

そんなこんなで今回買った文庫はこれ。

夜は短し歩けよ乙女

クローズドノート

さまよえる刃

あとはシリーズ物の心霊探偵八雲の5巻。

昨日は一気に東野圭吾さんの「さまよえる刃」を読んだ。
後ろのト書きにはこう書いてある。

「長峰重樹の娘、絵摩の死体が荒川の下流で発見される。犯人を告げる一本の密告電話が長峰の元に入った。それを聞いた長峰は半信半疑のまま、娘の復讐に動き出す――。遺族の復讐と少年犯罪をテーマにした問題作。」

一気に読み終わって、思ったこと。
東野圭吾さんの作品は「名探偵の掟」みたいなコミカルな作品よりも
しっかり心理描写がされているシリアスな作品の方がいい。
「白夜行」や「手紙」の系統の方。
主人公の長峰重樹の15歳になる娘が拉致されて、レイプの末に殺されてしまうことが発端になり
物語は進行していくんだよね。
そして犯人は未成年の男だったの。
お父さんがその犯人が誰かを知り、復習していこうとする過程が描かれているんだけど。
(もちろんそれだけじゃないよ)
近年凶悪化してくる少年犯罪。でも現行の法律では厳罰には出来ない。
ついつい主人公の長峰重樹の立場になって読んでしまうから
犯人に腹が立ち、現行の法律に腹が立ち、
「こんなクズ(未成年の犯人)更正なんか出来ない!死刑だ!」って思ったり。
この作品の中の事件が特別に凶悪なことではないって思うから、
現実に同等、もしくはもっと凶悪な少年犯罪ってあると思うから
真剣に現行の少年法の是非について考え直す時期なんじゃないかって思った。
犯人が20歳未満だと、犯人が誰かわかっていて、顔もわれているのに
指名手配が出来ないから、犯人確保が遅れるっていうジレンマもあるんだよね。
読んでいて楽しい内容ではないけれど、色々考えさせられる内容だったよ。
そして最後のどんでん返しはさすが東野圭吾!って思った!
「手紙」は犯人の家族の立場から描かれ、
「さまよえる刃」は被害者の家族の立場から描かれている。
当たり前のことだけれど、置かれる立場で感情も全然変わってくるってよね。
ある意味犯罪者本人、被害者本人(殺害された場合)よりも残される方がより辛いなって感じた。

ppp

本ばっか読んでないで、僕と遊んでニャ。

そうだね。いっぱい遊ぼうね、こたちゃん。
我が家の小太郎、本当に最近ダラダラ食い。
食欲も落ちてきてるので、今度体重はかってみなくては!
抜け毛もすごいので、ブラッシング超マメにやってるのだ。
幸い、ブラッシング好きなので、ゴロゴロ鳴いておとなしくやらせてくれるから
助かってるけれど。。。。
後ろ足だけは嫌がるんだよね~
なんか理由があるのかしら。。。
後ろ足は爪切りもガンとしてさせないし。。。

昨日から風邪をひいて、今日は会社を早退して医者に行ってきますだ。。
皆様も体調管理にはお気をつけ下さいませ。

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

ポチっとお願いします!





『余命』
2009年02月02日 (月) | 編集 |
去年のうちに買ってはあったけれど、読めてなかった文庫数冊。
一部読めたので感想を。
余命』谷村志穂さん著
松雪泰子さん主演で映画も公開されるこの作品。
私は主に電車の移動時に読むんだけど、電車の中で泣きそうになってしまった。
結婚10年目にして、赤ちゃんを授かった女性外科医。
幸せの絶頂のはずだったのに、乳癌が再発してしまう。
女医故に自分の余命もわかるし、これからの自分がどういう選択肢があるかもわかっているが故に
旦那様、友達、誰にも再発したことは黙って出産することを決断する。
すごい精神力だと思う。何回も言ってしまいたいと思っても、ひたすら耐えて出産に臨む姿に
本当に胸を打たれた。
自分の余命がわかっていながら、子供の成長を見守りつづけるって
すごくせつないって思う。この子が成人になるまで自分が生きていられないことがわかっていても
毎日を大切に生きるって、たやすいことではないって思う。
本人はもちろん、それを見守り支える旦那様も。
ネタばれになるので、詳しい内容を書くことは控えるけれど。。。。
乳癌って女性である以上決して他人事ではないと思う。

10年目にやっと授かった赤ちゃんと自分の命

どちらかの選択肢を迫られたら、私ならどちらを選ぶだろう?
すごく難しい問題。
私はまだ結婚していないし、妊娠もしていないけれど
絶対に無いとは言い切れない選択肢。
本当にせつなくて、せつなくてしょうがない。
でも読後せつなさだけが残るのかというとそうではない。
旦那さんに愛情深さにまたまた感動する。
私の感想は★★☆。
読む価値はあると思います。

最近はまってしまいました
2008年11月02日 (日) | 編集 |
久しぶりに本の感想ブログを。まずはこれ。

「チーズスイートホーム」
講談社のモーニングから現在5巻まで出版されているコミックス。
猫雑誌で紹介されているのを見て、大人買いし、一気に読破。
もうはまる。癒される。可愛い。
山田さんに保護されたチーの可愛さったら
キジトラの子猫ちゃんで、その日常生活がほんわかしてるんだよね。
子猫目線で描かれてるからそれも面白い!
可愛いだけじゃなく、ホロっと涙が出るシーンもあって◎。
毎日頑張ってテ生きてるチーの姿を見ていると、元気が沸いてくるよ。
あっ、でもチーには頑張っているっていう自覚はないか(笑)。
日常の嫌なことを忘れさせてくれる力があるね←そこまで言う
猫好きには間違いなくお薦めできる1冊ですな。

次はこれ。
「心霊探偵八雲」
角川文庫から現在3巻まで出されているシリーズ物。
神永学さんの小説を読むのは実はこれが初めて。
正直お名前も知らなかった・・・。
偶然本屋さんで手にとって、思いつきで買ってみたのよ。
幽霊を見ることが出来る大学生八雲がどんどん難事件を解決していくんだけど
これが一気に読めちゃうんだよね。漫画感覚で一気に読める。
私としては2巻目、3巻目よりも1巻目が断然面白い気もするけれど
この先の展開が気になるからこれからも読み続けるつもり。
八雲のあの素直じゃない優しさも◎だよ~


チーを読むと小太郎に無性に会いたくなるから不思議だ。
小太郎が我が家に来てもうすぐ2ヶ月。
可愛くなったよ~
親ばかと言われようと、何と言われようと本当に可愛い。
u
うちにきた当初より目の鋭さがとれて、ポヤ~ンとした穏やかな顔になった気がするのだよ。
来た時の写真はこれね。妹のミケと一緒に映ってますが。
kotarou1
毎日小太郎と一緒に居て、一緒に寝て、遊んであげて、大変なことも多いけれど
本当に小太郎をうちの子にして良かったな~って実感。
小太郎をギュッと抱きしめると柔らかくて、あったかくてホッとするんだよね。
a
これは私のベッドて遊んでいる小太郎だよ。
私のミッキーとミニーのぬいぐるみに襲い掛かってます(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。