日常生活であったことを気分のままに書き綴っていくつもりです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第582回「大切にしている動物はいますか?」
2008年09月28日 (日) | 編集 |
たまにはブログテーマに沿って日記書いてみようと思いました。
私の中ではタイムリーな話題だしね。
今私の生活の中心は愛猫小太郎になりつつあります。
うちに来て約1ヶ月。昨日からゲージから私の部屋限定で放し飼いです。
ここ2~3日小太郎が自分でゲージから出るっていうのが続いたのです。
今までは絶対にゲージからは出なかったんだよ。
ライフボートに相談したら、だいぶ慣れてきたから今現在の自分のテリトリー(ゲージ)以外の
ことにも興味を持ち出したんでしょうって教えてくれたから、ゲージの扉を開放。
ゲージの外に出たら、ゲージの中みたいに触らせてくれないし、ベットの下に隠れちゃう。
またまたライフボートに相談。「時間が解決してくれますから、無理に追いかけないように」って
言われました~
今日の朝も相変わらずな小太郎。
でも私が部屋を出るとすごい勢いで走ったり、キャットタワーに登ったりと大騒ぎ。
静かだと思い覗きに行ったら、私のベットのお布団にもぐって寝てました~
「すぴ~」って寝息が聞こえるのです~可愛い~←すっかり親ばかです。
元気だし、よく寝るのに、食欲がいつもより無いかもと心配しつつ
夜ご飯のときに「小太郎ご飯だよ」って部屋に入って行くと
「ニャ~」と甘えた泣き声。餌をあげると少し私をまだ気にしているので
小太郎のすぐ傍に餌を置いてあげると、少し食べるだけ。
自分の手にとって口元にもっていくと食べてくれました。嬉しいです~
そんな感じで食べさせていたら、ゴロゴロ鳴き出したので、撫で回しました
その後じゃれ付いてきたので、おもちゃで遊んであげたりしてたけれど
またベットの下に行っちゃいました・・・。
環境の変化に敏感な猫。小太郎もゲージから出たいと思っていても
実際に外に出ると気持がついていってなかったのですね。
私の部屋の中でゲージの中みたいに自由に触れる位慣れてくれたら
今度は家の中全体を走り回らせてあげようと思っています。
焦らず、焦らずです。
猫は飼い主の同様を見抜くので、飼い主がオロオロしていると
「ここに居てはいけなにの?」と感じてしまうそうです。
まだまだ小太郎漬けの毎日になりそうですね。


スポンサーサイト
コーヒーをおともに。。
2008年09月15日 (月) | 編集 |
この夏位からはまっていること。
文庫片手に安いコーヒーショップに行くこと。
まぁ夏は家にいても暑いし電気代節約って意味もあったけれど
コーヒーショップでのんびり本を読みながら、コーヒーを飲むのは贅沢な気持になれるね。
私は紅茶派、コーヒー派と聞かれれば間違いなくコーヒー派。
基本ブラックコーヒー大好き。1日に4杯位飲むかなぁ?もっと飲むかな?
会社には1杯ずつお湯を注いでドリップできるコーヒーを置いてあるのだ。
そんな私が最近読んだ本。
石田衣良さんの『約束』。短編集。読みやすかったかな。
この中の表題にもなっている『約束』が好き。涙が出てきたよ。
池田小学校事件を知って書かれたお話なんだよね。
殺されてしまった子はもちろんだけど、友達が殺されていくのを目の当たりにした子ども達も
本当に深い深い悲しみ、心の痛みを背負ってしまったんだなぁと改めて思った。
この主人公の男の子がまた前を向いて歩いて行くことが出来るようになった場面は本当に涙。
思わずエールをおくりたくなるよ。
そして最近増えている「無差別殺人」に本当に怒りがわいてくる。
殺された人はもちろんだけれど、残された家族、殺されずに怪我だけで済んだ人も、
加害者の家族も地獄だよ。
本人は世間とは隔離された刑務所に収監されてしまうから感じないだろうけれど。
「殺すのは誰でも良かった」最近よく聞く犯人の犯行後の自供の言葉。
本当に腹が立つ。あまりに勝手な言い草で。
なんでこんなことを思ったかというと、少し前にあった秋葉原の事件で犠牲になった方のうちの
2人が私の甥と姪の学校でつながりがある人だったから。
こんなにも身近に殺人が起こってしまっていることにショックを受けたから。
妹からこの話を聞いたときは本当にびっくりした。
本当に心から故人の方達のご冥福をお祈り致します。
話は元に戻しましょう。
石田衣良さんはもともと好きな作家さんではあるけれど
最近の作品は私には今ひとつだったんだよね。IWGPも1作目が一番面白かったと思うし。
でもこれは結構良かった気がする。うん。好きな感じの本に出会えるのは嬉しい。
まだ読んでない文庫が何冊かあるから読まなくっちゃ。
今週末から仕事で台湾に行きます。大事な得意先の20周年記念旅行。
ホテルの部屋もお客さんと同室だし、自由時間全く無いし、少し気が重いですわ。
夜ホテルに入ってから出かけようかな。
台湾まで行ったら台湾シャンプーもマッサージも行きたいもん。
でも、やっぱりもちろん小太郎のことも気になるしね。
動物好きな妹にお世話を頼んで行くことにした~
小太郎がフーフー威嚇することは目に見えているけれど仕方ないね。
どうなることやら。
kota

小太郎のこと
2008年09月13日 (土) | 編集 |
今までMIXIで日記を書いてて、こちらは放置だったけれど訳あってミクを辞めたので
ここで日記を書こうかなと思い、また書き始めるのだ。
その理由のひとつに9月6日我が家に猫の小太郎がやってきて
4月に生まれて、まだ4ヶ月の子猫なので、写真とか載せて記録に残せたら・・って思ったから。
小太郎は4月に近所の野良猫が4匹子猫を産んだのを友人が保護した猫。
今まで3回捕獲、脱走を繰り返し、友人も苦労してたんだよね。
kotarou1
これは妹の三毛猫と2匹保護したときの写真。
三毛は翌日再脱走して、まだ見つかってない
この写真の3日後、獣医さんに連れて行き、虫駆除をしてもらい、我が家へ。
もうフーフー威嚇して、触るなんてとんでもない感じ。
私本当に小太郎とうまくやっていける?って不安になった。
でもそんな時メールや電話で相談にのってもらいったのがライフボート
色々アドバイスもらって、頑張って子育て?してる。
kotarou2
これは3日程前に撮った小太郎。
もう撫でてても平気だし、抱っこでも出来るようになった。
この変化には保護した友人もびっくりしてたね。
今ではこんな風におなかも見せてくれる。
kota
今日はワクチン注射で獣医さんに連れて行ったのでご機嫌斜めになり
いくら撫でてご機嫌とってもおなか見せないけど。
ワクチン注射の後には具合悪くなる子もいるって先生言ってたので
さっきごはんも食べて、遊んでたので一安心。
私は子猫を飼うのは初めてなので、戸惑うことばかり。
友達が初めての子育てで戸惑ってるのと一緒だなぁ~って思った。
猫と人間っていう違いはあるし、次元が違うと言われてしまえばそれまでだけど
私も小太郎も毎日試行錯誤の連続だよ。
心配でハラハラすることばっかだし、不安になることもある。
でも気持をおおらかに持つことが大事だって言われているから
頑張って小太郎を育てようと思う
今日先生から「小太郎ちゃんは大きくなる要素たっぷりですね!」って言われた。
まめに写真撮っていこう~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。