日常生活であったことを気分のままに書き綴っていくつもりです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お母さん猫
2010年02月14日 (日) | 編集 |
1週間ぶりの記事です。
お母さん猫のこと何をどう記事に書いていいかわからなかったのです。
結論から言うとまだお母さん猫を保護できていません。
ねこなかまのJちゃんの次男の彼女が捨ててしまったお母さん猫。
彼女は捨てたとは言いません。「外に出した」と言います(怒)
今回本当に自分達でもジレンマでいっぱいなのです。
彼女のおばあちゃんが飼っていた猫ということで
Jちゃんも含め私たちは皆、おばあちゃんはもちろん、彼女にも直接の面識がないので
自分達だけで猫の探索、保護が出来ないのです。
この1週間ほぼ毎日Mさんの家に行き
Mさん姉妹、Oさん、私、時にはJちゃんで相談、相談の毎日です。
次男、彼女にはお母さん猫の保護を急ぐように
もう口がすっぱくなるなんてもんじゃない位言っています。
そして昨日Jちゃんが言うに、彼女曰く
『お母さん猫は(彼女の)お母さんが探しているけれど見つからない』と。。
心の中では「本当にしてるのかよ!?」と毒づいていますが
直接は何も出来ないのです。
本当に本当に悔しいし、自分達の無力さを思い知ります。
もういつお母さん猫が来てもいいように全ての準備が整っているのに。。。
でも保護を諦めたわけではないですから!
今も「犬を飼っているから飼えない」という理由で
お母さん猫を捨てた彼女、捨てたという行為に対して罪悪感を持たない彼女はもちろん
それを見ていて許した友達の息子にも、彼女の家族にも毒づいしまうので
今日はこの辺で終わりますね。
あくまで中間報告です。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。