日常生活であったことを気分のままに書き綴っていくつもりです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小太郎のこと
2008年10月14日 (火) | 編集 |
小太郎が日に日に可愛くなります
朝は大体5時半頃、ベッドに飛び乗り足を甘咬みしたり、ひっかいたりして起しにきます。
それでも起きないと一度は諦めるのですが、携帯のアラームが鳴ると同時にまたベッドへ飛び乗り
今度は起きるまで足を咬んだり、顔を舐めたりと小太郎の起きろ攻撃は止みません(笑)
さすがに土日は「もう!」って思うこともあるけれど、可愛くて、可愛くて
目じりが下がりっぱなしな私でございます
最近猫の情報をよくインターネットで探します。
そこでこんなページに出会いました。
C.I.N
その中の「猫を捨てないで下さい。実録集」を読んでいて、話の中の猫が小太郎と被り
不覚にも涙が出て来てしまいました。
本当にひどい話です。でも現実なんですよね。
保健所で安楽死と言う名の下に殺傷される猫は大部分が子猫で
ほとんどが飼い主によって持ち込まれたものです。
飼ってる猫の避妊をしないで、外に自由に出して飼った結果、妊娠、出産。
生まれた子猫は飼えないので、保健所に持ち込むそうです。
そういう人に「どうして(母猫に)避妊させなかったの?」と聞いたところ
「お金がかかるから」って答えだったそうです。
私的にはこんな人は動物を飼う資格はない!と言いたい。
先日近所の友人宅前へ生まれたばかりの子猫が4匹捨てられていました。
通信販売の箱に入っていて、管理IDなどは残っていたので、事情を話して通販会社に確認したところ
友人が予想した通りの人の名前が浮かびあがってきました。
早速子猫を連れて文句を言いに言ったところ、シラをきるのです。
でもその足元で母猫が連れて行った子猫にお乳を与えているんですよ!
そのまま置いてきても、また捨てられてしまうのが関の山と感じた友人はそのまま子猫を連れかえりました。
しかしその夜、猫を捨てた家のご主人が怒鳴り込んできました。
「うちの子(猫を捨てた張本人。しかも成人です)を泣かせて!」と。
呆れて何も言う気になれなかったそうです。
その後里親さんを探し、3匹は引き取られていきましたが、1匹残ってしまった為
友人が引き取ることしたそうです。
私は言いたい。
「自分が飼うと決めたからには、きっちり責任とれ!」と。
なんか無性に腹正しかったので、日記で書いてみました。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
リンク先の話・・・うわ~ん、涙、涙だよ~(>o<)
私も自分の日記からリンクを張るよ。
お友達の話の方も信じられない!ひどすぎる!
親子で根性腐ってるのね・・・
でも猫ちゃん達、みんな飼い主が見つかってよかったね。
本当によかった。
2008/10/14(火) 23:38:38 | URL | わかめも #-[ 編集]
わかちゃんへ
うんうん、涙涙なんだよね。
わかちゃんみたいに感じてくれる人が1人でも増えるといいなと思ってます。
友達の子猫騒動は本当にひどいよね。
って私も捨てた張本人知っているけれど腐ってるよ。
ちなみに私より3歳下。
いい年して何してるんだよ・・・・って思ったさ。
2008/10/16(木) 08:42:54 | URL | ひろりん #-[ 編集]
小太郎ちゃんw
ひろりんと出会えて良かったねw
飼えない状況なら飼わなくても良いように
するのも責任だよね。
アタシも猫にゃん大好きなんだけど
賃貸だから飼えないし、隠れて飼って見つかっちゃったら
引き取り手がないと保健所行きだし。。って思うと
やっぱし飼えないんだよね。。
なので
小太郎ちゃんの写真が癒しですww
2008/10/16(木) 15:33:56 | URL | けいまま #-[ 編集]
けいままへ
賃貸など飼えない環境で無責任に飼ってしまう人も大勢いるから
飼わないというままの選択は正しい!
私こそ小太郎に出会えて幸せだよ。
猫の居る生活がこんなに癒されるなんて。。。
太郎は成猫でうちに来て、半外生活だったから
あんまり甘えることがなかったけれど
小太郎はゴロゴロ甘えてくれるし、もう可愛くて。
世話は大変だけれど、お金もかかるけれど
本当に幸せです。
2008/10/19(日) 19:15:03 | URL | ひろりん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。