日常生活であったことを気分のままに書き綴っていくつもりです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難しい・・・・
2008年12月06日 (土) | 編集 |
昨日会社が終わってからボランティア仲間の家にひまわりを見に行った。
そうしたらショッキングな報告が・・・。
ひまわりを引き取ると言っていたおばあちゃん公団が当ったから引き取れないそうだ。
・・・・・・ってひまわりを引き取るって言ってくれたの先月のことだよ?
公団の申し込みから抽選って1ヶ月以内に全部済むようなことじゃないよね?!
最初おばあちゃんは保健所(愛護センター)に犬か猫をもらいに行くところだったんだよ?
公団にはずれたらそのまま育てて、当ったらもらった動物をどうするつもりだったの?
なんか動物を飼う事を安易に考えすぎてるんじゃないかなって思った。
里親仮決定から放棄っていうのが2件続いたから、余計にそう思うのかもしれない。
世間ではよくあることなのかな?
でも私は動物を飼うってことは、その動物の小さな命に責任を持つってことだから
安易な考えはいけないと思うんだよね。
可愛い、飼いたいっていう一時の感情だけではダメだと思う。
自分の今の住居環境、近未来の住居環境、状況も考えないと。。。。
普段は優しい老夫婦なので、批判はしたくないけれど、結論は批判になっちゃった・・。
そんな訳で里親探しはまだまだ続きますわ。
インターネットの里親探しの掲示板、友人知人への問合せ、
あとは普段買い物をしているペット商品店へのポスター貼り、獣医さんでのポスター貼りなど。
諦めないで頑張りましょう。


話は変わって小太郎4兄妹には共通点があるのだ。
666
4匹とも鼻の下に黒子みたいに毛色が違う部分があるんだよね。
私たちはサブちゃんと呼んでるんだけど。
なんか可愛いのだ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
私の前のコメント関係ないものですね ちなみに私はそれをさけるためにトラックバックは受け付けていません さて猫の話 本当に気苦労が多いね!最近の人はすぐ返すし 難しいと思ってます お疲れさまでした! またの機会に幸あれ!小太郎君も早く冬用使ってくれるといいね 置き場所は問題ないんだね?
2008/12/06(土) 23:30:53 | URL | blue #-[ 編集]
イリヤのブリーダーさんに、これと似た話を聞かされたことがあります。
その人は社宅に当選したから猫(すでに成猫)を返すと言ってきたらしい。
もうさ、猫がいるなら社宅なんか応募しなきゃいいじゃんと私は思います。無責任すぎですよ、その老人は!!自分の住環境もある程度は縛られるという覚悟なしに猫とのお楽しみ同居ライフなんて送ってほしくありません。
でも、こんな考え方もあると思います。
ひまちゃんを引き渡す前に当選が発覚して、かえってよかったのでは?
こんなこと言ったら失礼かもしれませんが、人間が古いと「猫ぐらい・・・」みたいな感覚の人って多いと思うんです。そんな人じゃ猫を捨てかねないので、引渡し前にこの話が流れてかえってよかったと思います。
また募集するのは大変でしょうが、もしひろりんさんのご迷惑でなければ私のミクシィやブログでもパパママ募集の記事を出しますので仰ってくださいね。
本当の家族は必ずいると思います。
2008/12/07(日) 00:41:33 | URL | いりんぼ #-[ 編集]
blueさんへ
本当に猫の気苦労が絶えません(汗)
小太郎のダンボールハウスは置いてあるところは問題ないですよ、多分。
もう少し寒くなれば入るかなぁ~とも
思うけれど、どうなんだろう?
2008/12/07(日) 17:24:21 | URL | ひろりん #-[ 編集]
いりんぼさんへ
ブリーダーさんに返す人もいるんですか!?
無責任すぎますよね。
私も動物を飼っているのであれば
ペット可の所以外、転居するべきではないし
その義務があると思います。
最近は自己中な身勝手な考えで
可愛がっている動物を簡単に捨てたり
手放す人が増えてますよね。
すごく腹ただしいです!
里親募集の件ありがとうございます。
近日中に仲間と相談してきます。
1匹でも不幸な猫が少なくなればいいと思います。
2008/12/07(日) 17:28:56 | URL | ひろりん #-[ 編集]
応援します
始めまして
猫ちゃんのボランティアもされているのですね。
動物も家族の一員 よくわかります。
我が家でも13年間猫を飼ってました。
幸い天寿をまっとうしました。
その間 子供の成長期 孫達の幼い頃と皆を癒してくれました。
マンションに澄んでる孫達は今度は犬を飼って欲しいといいます。
でも 犬も猫も長生き 15年生きたら私たちは世話をできません。
だから 孫達にも辛抱してもらってます。
そして飼うなら「保険所から可愛そうな犬を引き取ってね」と頼んでいます。
これからも「ひろりんさん」のご活躍応援します。

2008/12/17(水) 10:32:20 | URL | イソップ #1bYN4cy2[ 編集]
イソップさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
猫ちゃんを飼ってらしたんですね。
私も小太郎を飼う前は10年くらい前に犬を飼いました。
14年生きてくれたのですが
両親共働きで、かぎっ子だった私達兄弟にとっては
ペット以上の存在でしたね。
しばらく動物を飼うきにはなれませんでしたが
小太郎と出会って、また飼っています。
そういうお手伝いが出来ると嬉しいです。
でも私がやっているのは本当にお手伝いなので
ボランティア最前線ではないんですよ。
でも自分に出来ることを頑張ります。
2008/12/18(木) 23:39:19 | URL | ひろりん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。