日常生活であったことを気分のままに書き綴っていくつもりです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『余命』
2009年02月02日 (月) | 編集 |
去年のうちに買ってはあったけれど、読めてなかった文庫数冊。
一部読めたので感想を。
余命』谷村志穂さん著
松雪泰子さん主演で映画も公開されるこの作品。
私は主に電車の移動時に読むんだけど、電車の中で泣きそうになってしまった。
結婚10年目にして、赤ちゃんを授かった女性外科医。
幸せの絶頂のはずだったのに、乳癌が再発してしまう。
女医故に自分の余命もわかるし、これからの自分がどういう選択肢があるかもわかっているが故に
旦那様、友達、誰にも再発したことは黙って出産することを決断する。
すごい精神力だと思う。何回も言ってしまいたいと思っても、ひたすら耐えて出産に臨む姿に
本当に胸を打たれた。
自分の余命がわかっていながら、子供の成長を見守りつづけるって
すごくせつないって思う。この子が成人になるまで自分が生きていられないことがわかっていても
毎日を大切に生きるって、たやすいことではないって思う。
本人はもちろん、それを見守り支える旦那様も。
ネタばれになるので、詳しい内容を書くことは控えるけれど。。。。
乳癌って女性である以上決して他人事ではないと思う。

10年目にやっと授かった赤ちゃんと自分の命

どちらかの選択肢を迫られたら、私ならどちらを選ぶだろう?
すごく難しい問題。
私はまだ結婚していないし、妊娠もしていないけれど
絶対に無いとは言い切れない選択肢。
本当にせつなくて、せつなくてしょうがない。
でも読後せつなさだけが残るのかというとそうではない。
旦那さんに愛情深さにまたまた感動する。
私の感想は★★☆。
読む価値はあると思います。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
うわ、読みたい感じの本だ!
いい本を教えてくれてありがとう!
近いうちにきっと読みまする。

赤ちゃんと自分、究極の選択だね。
赤ちゃんを諦めた場合に普通に長生きできるんなら、
そうするべきと思ってしまうけど・・・子どもはまた
チャンスがあるだろうから(里子も検討)・・・
でも、自分の体に待望の赤ちゃんが宿ったら、
それを犠牲にするなんて選択、本能的に難しいのかも
しれないね。
2009/02/02(月) 18:29:17 | URL | わかめも #-[ 編集]

「里子」じゃなくて「里親」です。間違えた~。
書いた後で、やっぱり赤ちゃんを諦めるなんて
ありえない・・・と迷いが出てきたよ。
本当に難しい問題だね。
2009/02/02(月) 18:54:00 | URL | わかめも #-[ 編集]
話に加わりたいけど・・
ごめんなさい 明日ゆっくりきますね♪
睡眠不足中なり ゆるして

そうそう 猫の のどごろごろは
だれの免疫力アップなの?猫?人間?
どっち?気になります
2009/02/02(月) 23:19:43 | URL | blue #-[ 編集]
わかちゃんへ
そう実際当事者になったら絶対迷うよ。
妊婦にも投与できる抗がん剤があるって小説の中でも書いてあるけれど
胎児にどんな影響があるかわからないし。
この小説の中ではお医者さんが故に知りたくない事までわかってしまって
先が見えてしまうせつなさを感じたよ。
普通の患者さんだったら、もっと違う選択肢になったかもしれないよね。
本当に難しい問題だと思います。
わかちゃんもお暇な時に是非是非読んでみて~
まだ感想かいてない本が結構あるので、暇を見てさくさく書いていくよ!
わかちゃんの読書感想文もUPするの待ってるからね~
2009/02/03(火) 08:22:38 | URL | ひろりん #-[ 編集]
blueさんへ
猫のゴロゴロは聞いてる人間の免疫力を高めるんだよ。
そういうデーターが出てるんだって。
私もblueさんも毎日聞いてるから、少しは健康になってるかな?
忙しいのに訪問してくれてありがとう!!
2009/02/03(火) 08:24:18 | URL | ひろりん #-[ 編集]
そうなんだ!人間も免疫力アップね 
ちょっと嬉しい気がしました!
にゃんこからのプレゼントだね!
そのこと うちのブログでものせさせてくださいね!
ちょうどそのような記事を明日予定してるので・・
よろしくです!

リンクどうぞ!ありがたいです
でも(笑)ごめん うちは一つもリンクしてまへんでぇ
それでよろしおまっか? 
なんでしないかというと 
ひとつ目は 技術的にサイドバーのカスタマイズがよくわからないこと(爆)
二つ目は もうこのままリンクなしでいってもいいかなと(笑)
いやぁ もちろんニャン友さんのことは
リンクあるなしにかかわらず 大切にお付き合いを
したいと考えていますよ
でも その時々で 交流って少しずつ変わるので
もしかしたら リンクなしでいくかも ごめん~

でも琉球紅型の首輪の輪は リンクとは関係なく
する予定でいます 首輪つながりで・・
そのときはよろしくね!

2009/02/03(火) 21:56:35 | URL | blue #-[ 編集]
おもしろそうな本ですね~!
動物ものは×だけどそういう内容は読んでみたいな~
でも 読む暇ないな・・・(笑)

↑ゴロゴロは人間にいいのね~♪
リュウちゃんありがとう~(爆)

色々勉強になります♪
ありがとう^^

ポチ^^
2009/02/03(火) 23:55:30 | URL | マーコ #-[ 編集]
う~~ん。。
この内容は今のあたしにはちょっとキツイかな。。

病名が身近すぎる(苦笑)
2009/02/04(水) 00:03:28 | URL | けいまま #-[ 編集]
難しい問題ですね。。
まわりに話したら絶対に子供は諦めるよう諭されるから
どうしても子供を産みたかったら??とか・・・
でも子供にとって母親がいなくなっても不幸だし、本当に苦しいですね。
2009/02/04(水) 20:15:16 | URL | リララ #-[ 編集]
blueさんへ
お返事が遅くなりました。
リンクありがとうございます。早速リンクさせていただきますね。
急に関西弁になってるので笑ってしまいました~
猫のゴロゴロは骨折にも効くんですね。
ただの鳴き声なのに、なんでかなぁ~っと思うんですが
あのゴロゴロ鳴き声を聞くと癒されるきがするので、相乗効果に「なるのかな?
小太郎は寝るときに撫でてあげるとよくゴロゴロ鳴きますよ。
2009/02/06(金) 08:36:05 | URL | ひろりん #-[ 編集]
マーコさんへ
マーコさん、私も動物物は読まないことはないのですが
小太郎とかぶり号泣してしまうので、最近は避けるようになりました。
前は平気だったんですけどね。
マーコさん本当に毎日お忙しいですよね。
お疲れ様です。今度あのシェイクのこと教えて下さいね。
2009/02/06(金) 08:38:06 | URL | ひろりん #-[ 編集]
けいままへ
そうだよね。ごめんね。
この記事はスルーしちゃって良かったのに
コメントしてくれて有難う。
2009/02/06(金) 08:39:32 | URL | ひろりん #-[ 編集]
リララさんへ
本当に難しい問題ですよね。
多分映画は見ないと思うんですが、色々考えさせられました。
自分だったら子どもを諦めて治療に専念するような気がしますが
本当にその時に子どもを諦められるの??っていう疑問も残ります。
2009/02/06(金) 10:02:01 | URL | ひろりん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。